No.0306>ハーモニー

ページを開いたとき、衝撃が走りました。そして読み進めるうちにさらに衝撃をうけました。すごすぎます。