No.0708>私たちがレイモンド・カーヴァーについて語ること

改めてレイモンド・カーヴァーを読みたくなった。