ミニ書斎をつくろう>No.0888

自宅をもったとしても、自分の部屋として、そして書斎として好きなように使えるspaceあんてそうそう持てるもんじゃないと諦めていたあなたに朗報です。ちょっとしたspaceでも考え方を変えれば立派な書斎に大変身!?ミニ書斎をつくろう (メディアファクトリ…

大人のための読書の全技術>No.0887

読書術について解説している本は数知れず。3色ボールペンでの読書術に一時期多大な影響を受けていたものとしてはやはり齋藤氏の読書術が一番しっくりと来る。ただ電子書籍になってマーキングは一応できるものの3色ボールペンを利用していたときのダイナミ…

進撃の巨人14>No.0886

進撃の巨人(14) (講談社コミックス)作者: 諫山創出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/08/08メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (94件) を見る

学び続ける力>No.0884

目先の利益をおいがちですが、やはり地力みたいなものは一朝一夕には身につかないのでしょうね。地道に努力をしていつか。学び続ける力 (講談社現代新書)作者: 池上彰出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/18メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 1回こ…

ビッグデータの衝撃>No.0883

確実に進化を遂げているコンピューターの世界で、まさに今がトピックのビッグデータについてまとめられた一冊。何が変わったから、なにができるようになったのか。そして、何が起こるのか。ビッグデータの衝撃作者: 城田真琴出版社/メーカー: 東洋経済新報社…

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学>No.0882

いいものを作れば必ず売れるというのは、正しいと思うのですが、その良い物の定義が変わってきているとしたら。アップルの製品がなぜ人々を魅了するのか。本書を読んでいるとその一端を垣間見ることができます。Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学…

ワーク・シフト (孤独と貧困から自由になる働き方の未来図)>No.0881

未来を予想というのはどうにも信じがたいようなカンジがするのですが、今の延長線から訪れそうな未来を描く本作はちょっと信じても良いかなと思った。" title="ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図">ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由…

新・読書術 すべての本好きに捧げる本>No.0880

Kindle 新・読書術 すべての本好きに捧げる本作者: 武井一巳出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2013/01/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

和菓子のアン>No.0879

和菓子のアン (光文社文庫)作者: 坂木司出版社/メーカー: 光文社発売日: 2012/12/21メディア: Kindle版 クリック: 1回この商品を含むブログ (4件) を見る

桐島、部活やめるってよ>No.0878

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)作者: 朝井リョウ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/11/15メディア: Kindle版 クリック: 1回この商品を含むブログを見る

これからの「正義」の話をしよう>No.0875

以前に話題になっていたので、気になっていた一冊。ペーパーバック版と合わせて登場したKindle版でセールをしていたので迷うことなく購入。語弊がありそうですが、ベストセラーは読みやすい(=だから売れる)という法則を勝手に作っているのですが、以外に…

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう>No.0874

本当にわかりやすい解説でお馴染みの池上彰さんの大学での講義内容をまとめた一冊。取り上げられている内容もバラエティ豊かで、それぞれにわかりやすい解説がついているとなれば、やっぱり学生だけではもったいないですよ。[asin:B00A4BCLBQ:detail]

横道世之介>No.0868

なんだろう、何処かしらおかしい(いい意味でね)、この空気感がいいですね。横道世之介 (文春文庫)作者: 吉田修一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/11/09メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

池上彰のお金の学校>No.0866

池上彰氏の懇切丁寧な説明に毎度のことながら勉強させられます。お金ってやっぱり大切ですよね。なぜか。・・・その答えは色々とあるでしょうが、お金にまつわる正しい知識の大切さをしみじみと感じました。Kindle版で548円(69%安い)、なんと250円で…

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術>No.865

まとめることのいいことを紹介しているような感じ。ちょっと極論というか大げさじゃないっていう例が多いのがきになりました。でもまとめるっていうことの大切ははよくわかる一冊です。Kindle版で889円安い560円で販売中。61%オフ。こういうところもKindl…

心配グセを直せばすべてが思いどおりになる>No.0863

心配をしてもしかたのないことに心配ばかりする。そんな仕方のない事をくよくよするだけ損だし無駄という言葉にはっとなる。心配ぐせを直せばすべてが思いどおりになる作者: 斎藤茂太出版社/メーカー: ゴマブックス株式会社発売日: 2010/09/30メディア: Kind…

なぜ風が吹くと電車は止まるのか>No.0861

タイトルの通り、ここ最近強風で電車が停まることが多くなっていることをうすうすと感じている人も少なからず居るはず。その疑問もすっきり解決。そしてさらに電車の安全性についての解説など興味深い内容が盛り沢山。なぜ風が吹くと電車は止まるのか 鉄道と…

まほろ駅前番外地>No.0860

まほろ駅前番外地 (文春文庫)作者: 三浦しをん出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/10/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (39件) を見る

あたらしい書斎>No.0859

書斎という言葉の持つ響きになぜ憧れるのでしょうか。夢だから? 住宅事情を鑑みると一家の主といえど自分の空間を持つことはなかなか難しいかもしれません。しかしデジタル時代の今だからこそつくれる書斎というものもある、という提言が盛り込まれた一冊。…

ゲームばっかりしてなさい>No.0858

ゲームってやっぱり面白いんですよね。どんなものでも間違った使い方をすればダメになるし、それはやっぱり使い方次第。ゲームを通じて子供とかけがえの無いコミュニケーションを取る親子の姿は決して間違えている姿には感じません。むしろ好ましいです。" t…

柳井正の希望を持とう>No.0857

ユニクロといえば柳井正というわけではないですが、この経営者がいるからユニクロがあるというのは間違いないでしょう。柳井正の希望を持とう 朝日新書作者: 柳井正出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2012/08/01メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 1…

ダークマターとは何か>No.0856

ダークマターとは何かのタイトルに恥じない、丁寧に解説されている一冊。 ダークマターとは何か 天の川銀河探査で挑む宇宙論最大の謎 (PHPサイエンス・ワールド新書)作者: 郷田直輝出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/07/20メディア: Kindle版この商品…

三毛猫ホームズの降霊会>No.0855

三毛猫ホームズの降霊会 光文社文庫作者: 赤川次郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/04/20メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

現実を視よ>No.0854

いい言葉がぎっちりと詰まった一冊。今年のベスト10に入れたい。現実を視よ作者: 柳井正出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/10/05メディア: Kindle版 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る

三毛猫ホームズの最後の審判>No.0853

三毛猫ホームズの最後の審判 光文社文庫作者: 赤川次郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2003/04/20メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

世界で勝負する仕事術>No.0852

「仕事術」とタイトルに有るのですが、その内容はあまり無いような? 会社の名前で仕事をしている人と自分の名前で仕事をしている人というのは昔からよく言われているような?世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)作者: 竹内…

なぜ ザ・プレミアム・モルツは 売れ続けるのか?>No.0851

プレミアム・モルツがなぜ今売れるのか。その仕組みと取り組みをサントリーという会社の特長をしっかりと説明しながら解き明かしていく。事業開始から半世紀近くたってからようやく黒字化という息の長い取り組みも驚く事なかれ。なぜザ・プレミアム・モルツ…

6TEEN>No.0848

16歳の多感で悩み深い青春時代の一コマ。それぞれ個性の有りふれんばかりの主人公グループの活躍が楽しい。6TEEN(シックスティーン) (新潮文庫)作者: 石田衣良出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/06/27メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ…

ラブコメ今昔>No.0844

文庫本での再読。いわゆるラブコメ道を描かせたらピカ一の有川浩が全力でラブコメ道を画いた作品。頭から尻尾まで甘々ですよ。 ラブコメ今昔 (角川文庫)作者: 有川浩,徒花スクモ出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2012/06/22メ…

しあわせのパン>No.0837

映画を見て触発されて手に取りました。映画では描かれていなかった二人の出会いのシーンや、水縞くんの綴る日記からみた日々の営みなどがあり、より楽しめたようなきがします。そして映画中でちょっと謎に思っていたりえさんがなぜ水縞くんと苗字で読んでい…