読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンセストヨトミ>No.0826

万城目学の大ベストセラー「プリンセストヨトミ」を完全映画化。

キャストは堤真一綾瀬はるか岡田将生をメインに、物語を囲む人々も豪華。今回のキャストで見事だと思ったのはミラクル鳥居役に綾瀬はるかを当てたこと。これメガヒットですよ。きっと他の誰がやってもここまでピッタリとはハマらなかったと思います。次に屋台の兄ちゃんに玉木宏を持ってきたのも良かった。イケメン主人公ばかりの玉木宏大阪城の前の屋台でたこ焼き売ってるんだから、面白いよね。

物語の面白さはやはりトヨトミの子孫が現在も生き残り、それも大阪全土で守られているという展開でしょう。生半可な秘密結社じゃありませんよ。日本という国の中に全く別の国が存在していたようなものですからね。それも日本にしっかりと守られながら。

そんな大仰な秘密も一人の監査役にあっさりと秘密がバレるんですが、そんな簡単でいいのかな。それも忘れ物を取りに戻ったら、監査に入った会社に誰もいなかったからバレただなんて。