読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットと共に成長する出版へ NextPublishingのすすめ

AmazonKindleが始まる前は紀伊國屋書店のKinoppyで電子書籍を読み始めているのですが、最近は状況がどんどん進んでいて紙版と同時に電子版も登場することも普通になってきています。そして最近きになっているのがこのNextPublishingシリーズでしょうか。

電子書籍になるとより細かいニーズに応える本の出版も可能になるといわれていますが、それを実現するための仕組みを紹介している一冊です。

紙媒体で出版したものを電子化という流れから、デジタルデータをマスターとして各電子書籍としての出版および紙媒体での出版を行うという発想の転換が行われている。紙媒体での出版はPODとして出版をするようである。

Kindle版でのみ購入をしているので、このPOD版はまだ手にしたことはないが、以前から存在しているオンデマンド出版と基本は一緒なのだろうか。このPOD基板とデジタルファーストの考えが普及して根付いていくと本の絶版というのは今後なくなっていくのだろうか。

このNextpublishing系の出版物が最近非常に目に付いていて、興味の引かれるものを適時購入をしている。より細かいニーズに合わせているのだろうか。

インプレス自体が技術系の出版が強いことから、まだまだ狭い領域の出版内容になっているが様々な分野の本が出るとより面白い物になりそうな予感がする。

今後も要注目な流れ。

ネットと共に成長する出版へ NextPublishingのすすめ

ネットと共に成長する出版へ NextPublishingのすすめ